圧縮パックの使い方

トラベル用衣類圧縮パック

トラベル用衣類圧縮パック

トラベル用衣類圧縮パック付属品
収納の目安
  • Tシャツ・・・3〜5枚
  • フリース・・・1枚
  • タオル・・・・3〜4枚
  • バスタオル・・・1枚
  • ※圧縮収納すると衣類にシワが残りますので、シワが入ると戻りにくい素材には使用しないでください。
用意する物
  • 圧縮する衣類
1 衣類を圧縮パックに入れる
  • 衣類をきれいに折りたたんでパックに入れ、できるだけ空気を追い出してください。
2 圧縮パックのチャックを閉じる
  • チャックの端を付属のスライダーではさみ、スライダーを軽く押さえながら滑らす様にチャックを最後まで閉じて下さい。
  • ※チャックが完全に閉じているかもう一度確認してください。
3 バッグを垂直に持つ
  • 衣類をチャック側に寄せる為に、スライダーでチャックを閉じた後、チャック部を下にしてバッグを垂直に持ち上げて下さい。
4 丸めて圧縮する
  • チャック部分を衣類に巻きつける様にチャック側から【ストップ】の線まで圧縮パックを丸めて、空気を押し出し圧縮して下さい。
  • ※パックを丸める際、爪や指輪などでパックに傷をつけない様ご注意ください。
5 指でなぞる
  • くるくる丸めて圧縮した後、図の部分をしっかり指でなぞってください。圧縮後はパックを広げ、保管してください。
使用上の注意
  • 収納される場合、必ずチャックを手前にして圧縮パックのチャック部分を絶対に折り曲げないでください。
  • 収納される場合、圧縮パックに傷をつけるような物があると、圧縮パックに穴が開いてしまい、膨張することによって押入れ等を破損する危険があります。
  • すぐにご使用にならない場合、チャックの長さに誤差が生じますので、袋から圧縮パックを取り出しチャックをのばして保存してください。
  • 圧縮パックに薬剤(防虫剤・防カビ剤)などを入れると一点に効果が集中し、内容物が変色・変質しますのでご使用にならないでください。
  • 圧縮パックに空気が入った場合は、もう一度取扱説明書をよくお読みになり作業してください。チャックが完全に閉じているか、本品に傷や穴がないかを確認してください。
  • 使用方法によっては長期間の圧縮保存により圧縮前の嵩高に戻らない場合があります。
  • 衣類等の圧縮率・回復率は素材によって異なります。
危険事項
  • 圧縮パックは樹脂製品ですので、熱や火に絶対に近づけないでください。
  • トラベル用衣類圧縮パックは本来の使用目的である「衣類製品」以外には絶対に使用しないでください。
  • ※食品・動物などへの使用、子供の遊びには絶対使用しないでください。
▲ページTOPへ
ページのトップへ